小江戸川越マイスター

HOME > 小江戸川越マイスター

小江戸川越マイスターとは

小江戸川越検定最難関の1級合格者に限り受けられる称号で、現在24名のマイスターがいます。

このたび、小江戸川越マイスター会が結成されました。

同会は小江戸検定の普及を通して川越の発展の為に今後活動してゆきます。

小江戸川越マイスター紹介(1)

平成24年認定者(敬称略、氏名50音順、掲載を了承された方のみ)
 

石川 武久

川越の魅力は?
(1)歴史の項目(寺院、人物、戦、建物、民話、習慣等)が豊富
(2)火災以外の災害が少ない
(3)人情がこまやか
小江戸川越検定の勉強法は?
(1)川越中央図書館の郷土資料室(2F)に通う
(2)単語カードを使う
(3)パソコンの検索を使う
  

石橋 重厚

川越の魅力は?
川越には多くの文化遺産や歴史的建造物が残っている。また、川越まつりや各町での伝統行事も残っており、これら全て川越の魅力といえる。
小江戸川越検定の勉強法は?
「まち歩きガイドブック」をよく読み、実際に行って景観をよく見て写真を撮る(記憶によく残る) 川越弐関する歴史の本・パンフ、人物や文化財の本を多く読み知識を広げる。

荻原 秀介

川越の魅力は?
歴史の街、近代都市、郊外に田園が広がる都市というように様々な側面をもつ川越。特に寺社仏閣、蔵造りの街並、城跡や四季折々の自然が残る近郊には魅力を感じる。
小江戸川越検定の勉強法は?
「公式ガイドブック」と「小江戸川越(江戸文化の残照を求めて)」をよく読み込む。自分なりに覚えやすいように建物一覧、祭事一覧、人名一覧というようにノートにまとめた。
  

加山 博

川越の魅力は?
江戸文化歴史検定1級を取得し家内と格調高い江戸散歩を趣味としてきたが、いつまのにか「江戸グルメ散歩」になった。今後は川越を歩くが「小江戸グルメ散歩」になるだろう。
小江戸川越検定の勉強法は?
(1)公式ガイドブック、問題集をなめるように読み暗記した
(2)上記2冊から略年表を作って暗記した
(3)常設展示図録(博物館)、いくつかの観光パンフを集め読んだ
  

栗原 伸夫

川越の魅力は?
市外、県外の人たちに胸を張って自慢できるところ。それは「先人の輝かしい歩みによりすばらしい歴史的遺産を持つ川越」(市民憲章)だから。
小江戸川越検定の勉強法は?
「座学」と「現地・現物確認」の繰り返し。教材は「小江戸川越見て歩き」「川越のあゆみ」(市制70周年記念誌)など役立つ。四季の催事はYouTubeの動画も活用。市内を歩き回ること。
  

鷺谷 智意子

川越の魅力は?
川越には年間600万人の方が観光に来ますが、その人たちが「川越に来て良かった」、「もう一度来たい」と言っていただけるような魅力ある町にするお手伝いをしたいと思います。古い蔵の街並みが、一番の魅力です。一番街の通りを歩行者天国にしたら、全国でももっと有名な町になると思います。
小江戸川越検定の勉強法は?
(1)公式ガイドブック、認定問題集、人物誌、神社仏閣などから要綱をノートに書き出して暗記した。
(2)神社・寺などは現地に行って建物、歴史、行事などについて確認して覚えた。
  

佐藤 正生

川越の魅力は?
川越は歴史の積み重ねがあり、史跡や文化財が多く残っている。市内には江戸時代からの古い道路や街並みが残り蔵造りの街・川越城・仏閣などがコンパクトにまとまっている。
小江戸川越検定の勉強法は?
川越の歴史をしっかり学習する(教材:川越の歴史ほか)→公式ガイドブック始め資料を読み込む→分野別に必要事項をノートにまとめる→現地に足を運び目で確かめて認識させる。
  

新取 守正

川越の魅力は?
江戸の雰囲気を色濃く残した街並みや歴史を感じる神社仏閣など史跡を手軽に散策できる。祭礼や民俗行事が伝承され、今日につたえられていること。
小江戸川越検定の勉強法は?
(1)公式ガイドブックを熟読し認定問題集を反復して解き出題傾向を確認
(2)川越に関する出版物を多く読み重点事項を確認。現地に出かけ視覚的に覚える
(3)自分で予想問題・解答を作る
  

町田 隆治

川越の魅力は?
何といっても歴史と伝統が息づいているところが魅力。さらに「小京都」でなく「小江戸」であるところがいい。
小江戸川越検定の勉強法は?
基本的には公式ガイドブックと問題集を読み込んだ。ほかにインターネットのWikipediaから川越市・川越市の歴史を読み、それとリンクした関連項目へと拡げた。
  


平成25年認定者(敬称略、氏名50音順、掲載を了承された方のみ)
 

大谷 瑞春

川越の魅力は?
川越には日本の歴史の節々に直結、或いは連動する逸話や伝説が幾重にもある。特に近世(近代)の今に残る情景は他所に抜きん出ているのではなかろうか。
小江戸川越検定の勉強法は?
苦手な人物史から入りました。どの時代に誰がどこで何を成したのか。それがその時代時代の周辺に及び、興味の幅が広がりました。
  

久津間 弘

川越の魅力は?
川越は神社、仏閣、史跡が多く、歴史を感じさせる魅力的な街です。特に蔵造りの街並みや川越祭り等、歴史的・文化的遺産が多く、散策が手軽に楽しめます。
小江戸川越検定の勉強法は?
公式ガイドブックをもとに、現地へ行き目で確認した。認定問題集、川越に関する出版物、資料等から要点をまとめて暗記した。
  

中村 弘

川越の魅力は?
川越は幕末、明治維新や戦争の被害が少なく、歴史的遺産の数多い場所だ。また喜多院の「家光誕生の間」、蔵造りの町並みなど、大火後に移築や建築を経て現在に至っている。災いを転じて福とした先人の底力に魅力を感じる。
小江戸川越検定の勉強法は?
公式ガイドブック、認定問題集を繰り返し学習する。 名所旧跡は現地に行き必ず見る。 実際に見ることで記憶が定着する。 名所旧跡にある説明文は必ず読む。 疑問箇所は博物館や図書館、インターネットに当たる。
  

福田 時雄

川越の魅力は?
江戸の名残が楽しめる史跡や建造物が多く残っており、気軽に歴史に触れられる。 祭りや伝統芸能等が確実に伝承され、観る人々に楽しく伝えてくれる。 室町・江戸・明治と歴史の積み重ねが興味深く味わえる。
小江戸川越検定の勉強法は?
公式ガイドブック、認定問題集、人物誌などから、自分なりに小冊子を作り暗記した。 祭りや芸能の時期に現地を訪ね、写真に収め資料とした。 博物館や美術館で行われる歴史勉強会に参加し知識の幅を広げた。
  

山本 純一

川越の魅力は?
人々の息吹ある歴史的価値ある建造物などが街に溶け込み点在しているところ。以前はマイナーな観光地がこれだけ脚光を浴びるようになって嬉しく思います。
小江戸川越検定の勉強法は?
ガイドブック、問題集や川越関連の本を繰り返し読む。 現地に行って肌で感じる。
  

ページの先頭へ

  • 小江戸川越マイスターとは
  • 小江戸川越マイスター紹介(1)